G-SEC
HOME
所長メッセージ
G-SECについて
研究課題
研究所スタッフ
イベント/講座
ニューズレター
ワーキングペーパー
ニュース & トピック
東館利用ガイド



G-SECアメリカ研究プロジェクト
 
G-SECアメリカ研究プロジェクト(平成23年度・24年度)
【本プロジェクトの目的】
 本プロジェクトの目的は、アメリカ合衆国の総合的な理解とそれによる日米関係の円滑な維持のための研究を行うことにあります。
 日米関係は第二次世界大戦後の日本外交の基軸であり、現在でも日本の安全保障における米国の役割は大きいままです。また、経済・文化的に見ても、米国からの影響は大きくなっています。米国についてはすでに多大な研究が積み重ねられてきていますが、米国および日米関係は近年でも大きく変わり続けており、その研究の意義は損なわれていません。
 慶應義塾には、福澤諭吉先生以来の米国研究の実績があるものの、それを集約する拠点がありません。本プロジェクトは、そうした義塾の米国研究の拠点となるべく、学際的な研究を行うものです。
 
平成24年度

研究メンバー

【研究代表者】
竹中 平蔵(慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所所長、総合政策学部教授)
【研究分担者】
田村 次朗(慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所副所長、法学部教授)
土屋 大洋(慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所副所長、大学院政策・メディア研究科教授)
巽  孝之(慶應義塾大学文学部教授)
大串 尚代(慶應義塾大学文学部准教授)
駒村 圭吾(慶應義塾大学法学部教授)
岡山  裕(慶應義塾大学法学部教授)
梅津 光弘(慶應義塾大学商学部准教授)
阿川 尚之(慶應義塾大学常任理事)

※平成24年度時点

活動記録: 文化ワークショップ (2013年1月25日開催)

慶應義塾大学G-SECアメリカ研究プロジェクト講演シリーズ
「アメリカ小説に見る科学的人種差別言説との闘争:
チェスナット、スタイン、フィッツジェラルド、デュボイス」
開催日時: 2013年1月25日(金)10:30〜13:00
会  場: 慶應義塾大学三田キャンパス 東館4階セミナー室
講  師: クリストファー・レスリー氏(ニューヨーク大学)
司  会: 巽 孝之(慶應義塾大学文学部教授)


活動記録: 政治・法律合同ワークショップ「日米関係の新局面」(2013年2月6日開催)

政治・法律合同ワークショップ「日米関係の新局面」
開催日時: 2013年2月6日(水)13:30〜15:30
会  場: 慶應義塾大学三田キャンパス 東館6階G-SEC Lab.
パネリスト:
      布施 哲 テレビ朝日政治部記者
      小川 聡 読売新聞政治部記者
      関口雄輝 海上自衛隊海上幕僚監部防衛課防衛調整官
      スティーブ・タウン 元米陸軍大佐
      阿川尚之 慶應義塾常任理事
      土屋大洋 慶應義塾大学G-SEC副所長、大学院政策・メディア研究科教授


活動記録: 文化ワークショップ (2013年3月2日開催)

慶應義塾大学G-SECアメリカ研究プロジェクト講演シリーズ
"U.S. Territories (Un) Incorporated: Guam and Asia Pacific 'Islands' in American Literary History."
開催日時: 2013年3月2日(土)10:00〜12:00
会  場: 慶應義塾大学三田キャンパス 東館4階セミナー室
講  師: メアリ・ナイトン氏 (ウィリアム&メアリ大学客員助教)
ディスカッサント:
       下河辺美知子氏(成蹊大学文学部教授)
       渡邉真理子氏(西九州大学健康福祉学部准教授)
       巽 孝之(慶應義塾大学文学部教授)
司  会: 大串 尚代(慶應義塾大学文学部准教授)


活動記録: 国際シンポジウム(2013年3月16日開催)

慶應義塾大学G-SECアメリカ研究プロジェクト国際シンポジウム
「環太平洋的想像力:21世紀アメリカ文学史の起源」
開催日時: 2013年3月16日(土)10:00〜12:00
会  場: 慶應義塾大学三田キャンパス 東館6階G-SEC Lab.
講  師: デビッド・ファーネル氏(福岡大学言語教育研究センター准教授)
       タラス・サック氏(安田女子大学文学部講師)
       長澤唯史氏(椙山女学園大学国際コミュニケーション学部教授)
司  会: 巽 孝之(慶應義塾大学文学部教授)
コメンテーター:大串 尚代(慶應義塾大学文学部准教授)


活動記録: 経済ワークショップ(2013年3月22日開催)

慶應義塾大学G-SECアメリカ研究プロジェクト経済ワークショップ
「米国のエネルギー需給の変化:シェールガスを中心に」
開催日時: 2013年3月22日(金)16:00〜17:30
会  場: 慶應義塾大学三田キャンパス 東館6階G-SEC Lab.
ご挨拶 : 竹中平蔵(慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所所長、総合政策学部教授)
講  師: 杉野綾子氏(一般社団法人日本エネルギー経済研究所主任研究員)
コメンテーター: 山本達也氏(名古屋商科大学経営学部准教授)
司  会: 土屋大洋(慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所副所長、大学院政策・メディア研究科教授)


平成23年度

研究メンバー

【研究代表者】
竹中 平蔵(慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所所長、総合政策学部教授)
【研究分担者】
櫻川 昌哉(慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所副所長、経済学部教授)
田村 次朗(慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所副所長、法学部教授)
土屋 大洋(慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所副所長、大学院政策・メディア研究科教授)
巽  孝之(慶應義塾大学文学部教授)
阿川 尚之(慶應義塾大学常任理事)

※平成23年度時点

活動記録: 文化シンポジウム

慶應義塾大学G-SECアメリカ研究プロジェクト2011
「グローバル時代の文学地図」特別講演
日  時:2011年10月15日(土)14:30〜17:30
会  場:三田キャンパス北館ホール
講  師:ポール・ジャイルズ(シドニー大学英文科教授)
司  会:巽 孝之(慶應義塾大学文学部教授)
参加者 :約60名


PDF file開催報告はこちらのPDFファイルをご覧ください(English)

PDF fileポール・ジャイルズ氏講演資料はこちらのPDFファイルをご覧ください(English)

活動記録: 政治ワークショップ

「アメリカ政治の構造と2012年選挙」
日  時:2012年2月23日(木)16:00〜17:30
会  場:三田キャンパス東館4階セミナー室
講  師:待鳥 聡史(京都大学法学研究科・公共政策大学院教授)
コーディネーター:土屋 大洋(慶應義塾大学G-SEC副所長、大学院政策・メディア研究科教授)
参加者 :約15名

活動報告:経済パネル討論

パネル討論「ドル体制の動揺と国際金融体制の将来」
日  時:2012年2月25日(土)14:00〜16:30
会  場:三田キャンパス東館6階G-SEC Lab.
講  師: 宿輪 純一(三菱東京UFJ 銀行経済調査室上席調査役)
      吉野 直行 (慶應義塾大学経済学部教授)
      柏木 茂雄 (慶應義塾大学大学院商学研究科教授)
コーディネーター:櫻川 昌哉(慶應義塾大学G-SEC副所長、経済学部教授)
参加者 :約45名


活動記録:憲法ワークショップ

アメリカ憲法ワークショップ「アメリカ憲法・統治思想のアジアへの影響について考える」
日  時:2012年3月22日(木)13:30〜15:00
会  場:三田キャンパス東館4階セミナー室
講  師:岡田 順太 (白鴎大学法学部准教授)
     柳瀬 昇 (駒澤大学法学部准教授)
     横大道 聡 (鹿児島大学教育学部准教授)
コメント:駒村 圭吾(慶應義塾大学法学部・法科大学院教授)
司  会:土屋 大洋(慶應義塾大学G-SEC副所長、大学院政策・メディア研究科教授)


年次シンポジウム

年次シンポジウム「太平洋国家アメリカ-国境を越える統治機構と文明-」
日  時:2012年3月27日(火)14:00〜17:00
会  場:三田キャンパス東館6階G-SEC Lab
ご挨拶 :カート・W・トン(米国大使館 主席公使)
基調講演:加藤 良三(元駐米大使)
パネリスト:
     阿川 尚之(慶應義塾大学常任理事)
     駒村 圭吾(慶應義塾大学法学部教授)
     待鳥 聡史(京都大学大学院法学研究科教授)
司  会:土屋 大洋(慶應義塾大学G-SEC副所長、大学院政策・メディア研究科教授)

  • PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader が必要です。ダウンロードの上、ご覧ください。