G-SEC
HOME
所長メッセージ
G-SECについて
研究課題
研究所スタッフ
イベント/講座
ニューズレター
ワーキングペーパー
ニュース & トピック
東館利用ガイド



G-SEC セッション
 
G-SEC セッション @ SFC ORF 2016

ごあいさつ

グローバルセキュリティ研究所(G-SEC)は、慶應義塾大学の優れた研究リソースを活用し、それを社会のために発信していく、同時に社会の声を慶應義塾大学の研究活動等々に発信していく、つまり慶應義塾大学と社会との結節点としての役割を担う研究拠点として重要な研究所であると認識しております。

このような役割を果たす一環として、SFC Open Research Forum 2016に参加し,以下2つのセッションにより、G-SECで行われている研究活動の一部を紹介します。
ぜひご来場いただき、研究者との意見交換の場として活用いただければ幸いです。

 

慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所所長
駒村 圭吾

 
開催概要

開催日、会場・アクセス

日時:2016年11月18日(金)14:45-16:15 セッション1
      11月19日(土)14:00-15:30 セッション2
会場:東京ミッドタウン・タワー4Fカンファレンス
【事前申込不要・無料】

会場へのアクセス
セッション会場マップ

G-SECセッション1:<JSPSとNUSとの二国間交流事業>「日本と中国の協力関係の果実について考えよう―財政・金融・通貨―」

【開催日時・場所】

日時: 2016年11月18日(金)14:45〜16:15(14:35開場)
会場: 東京ミッドタウン・タワー4Fカンファレンス Room7
【事前申し込み不要・無料】

【概要】

日本と中国は、現在、政治的にも経済的にも協力関係がいいとは決して言えないが、GDPの世界第2位と3位の近隣の国家が仲が良くないというのは、両国にとっても世界経済にとっても不幸なことである。このセッションでは、両国が良好な協力関係を築くことの利益について議論する。
※本研究は、独立行政法人日本学術振興会(JSPS)とシンガポール国立大学(NUS)との二国間交流事業による支援によるものである。

【登壇者】

<ゲスト>
菊地 朋生 氏(シンガポール国立大学リークワンユー公共政策大学院
        アジア・グローバリゼーション研究所シニアリサーチフェロー/
        グローバルセキュリティ研究所客員研究員)※遠隔での参加となります。
宿輪 純一 氏(帝京大学経済学部教授/グローバルセキュリティ研究所客員上席研究員)
                               (50音順)

<進行>
櫻川 昌哉(グローバルセキュリティ研究所上席研究員/経済学部教授)

G-SECセッション2:「リーダーシップ基礎教育の挑戦」

【開催日時・場所】

日時: 2016年11月19日(土)14:00〜15:30(13:50開場)
会場: 東京ミッドタウン・タワー4Fカンファレンス Room7
【事前申し込み不要・無料】

【概要】

日本の最重要課題として、世界に通用するリーダーの育成が挙げられる。 国内外で様々なリーダーシップ教育が行われているが、リーダーシップの基礎となる素養を養成する大学での講義は少ない。当セッションでは、日本におけるリーダーシップ教育の権威である野田智義氏をお招きし、今日求められているリーダーシップ教育についての対談を行う。加えて、リーダーシップ教育2016年春学期に行った寄附講座「リーダーシップ基礎」の授業の報告と討議を通し、日本におけるリーダーシップ基礎力の育成についての展望を議論する。

【登壇者】

<ゲスト>
野田 智義 氏(特定非営利活動法人アイ・エス・エル(ISL)ファウンダー(創設者))

<進行>
田村 次朗(グローバルセキュリティ研究所副所長/法学部教授)

  • PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader が必要です。ダウンロードの上、ご覧ください。