G-SEC
HOME
所長メッセージ
G-SECについて
研究課題
研究所スタッフ
イベント/講座
ニューズレター
ワーキングペーパー
ニュース & トピック
東館利用ガイド



イベント/講座
 
イベント/講座

「メルヴィルのオリエンタリズム―『白鯨』の描く異教の世界」

開催日時 2015年5月19日14:45-16:15
場所 慶應義塾大学三田キャンパス西校舎515教室
定員 なし
概要

メルヴィルが晩年の詩の中でノスタルジックに南太平洋を称して「異教の海に浮かぶ真のエデン」と述べたように、『白鯨』においてもキリスト教的な世界観とそれを拡張しつつ批判する異教的な世界観が融合している。19世紀のアメリカでは、聖地巡礼のブームを通して、アジアとそこで暮らす人々が聖書を具現化する存在と見なされ、同時にマニ教やゾロアスター教などのアジアの異教にも関心が高まったと考えられ、『白鯨』もその歴史的流れを色濃く反映している。本論では、主にエイハブとフェダラー、イシュメイルとクィークェグの間をつなぐアジア的かつ異教的なものに焦点を当てながら、メルヴィルのオリエンタリズムについて一考察を加える。

司 会:巽 孝之(慶應義塾大学文学部教授)

日 時:2015年5月19日(火)14:45-16:15
会 場:慶應義塾大学三田キャンパス西校舎515教室

主 催:科学研究費・基盤研究(B)
    「マニフェスト・デスティニーの情動的効果と21世紀惑星的想像力」
後 援:グローバルセキュリティ研究所アメリカ研究プロジェクト

その他:無料、事前申込不要

資料 (pZIsHSHmNMXB.pdf)
お問い合わせ先 グローバルセ九位rティ研究所アメリカ研究プロジェクト

イベント/講座一覧に戻る