G-SEC
HOME
所長メッセージ
G-SECについて
研究課題
研究所スタッフ
イベント/講座
ニューズレター
ワーキングペーパー
ニュース & トピック
東館利用ガイド



イベント/講座
 
イベント/講座

復興リーダー会議シンポジウム「記憶で終わるのか,教訓とできるのか〜東日本大震災から5年 G-SEC復興リーダー会議の足跡〜」

開催日時 2016年7月23日(土)13:00〜15:30 (受付開始12:30)
場所 慶應義塾大学三田キャンパス 東館6階 G-SEC Lab
定員 150
概要

慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所(G-SEC)は,東日本大震災への取り組みの一つとして「復興リーダー会議」を主催しました。国や自治体,企業,アカデミア,NPO・NGO等いろいろな組織から、3年間で100名を超える皆さまに会議委員として参加いただき、被災地での支援に関する情報交換、復興に向けての議論や勉強会を重ね、12件の提言・アクションプランをまとめ,Webサイトに掲載し社会と共有しました。

本シンポジウムでは,東日本大震災当初から現在も復興の中核を担っておられる岡本全勝氏(内閣官房参与、福島復興再生総局事務局長)をお招きし,5年間の復興の成果と課題,熊本地震,未来への教訓について,講演いただきます。続いて復興リーダー会議の委員を代表し,この会議で作られた委員間のネットワークによる被災地での事業化や,団体間の連携,復興に向けた新たな活動を紹介いただき,5年間の活動を振り返ると同時に,今後の復興のあり方について議論していただきます。

 

◆プログラム◆

13:00 開会挨拶
13:10 基調講演
          「東日本大震災から5年:復興の成果と課題,そして未来」

岡本全勝氏
(内閣官房参与、福島復興再生総局事務局長、前・復興庁事務次官)

1955年、奈良県生まれ。東京大学法学部卒、自治省入省。富山県総務部長、総務省交付税課長、内閣総理大臣秘書官、自治大学校長、東京大学大学院客員教授、復興庁統括官などを経て現職。
著書に「東日本大震災 復興が日本を変える―行政、企業、NPOの未来のかたち」(ぎょうせい)など。

14:00 パネルディスカッション
「復興を支えるしくみづくり」
パネリスト:岡本 正氏/高橋大就氏/宮川祥子氏/龍治玲奈氏
モデレーター:藤沢 烈氏
パネリスト・モデレータープロフィール1

「復興の道をともに歩む」
パネリスト:安谷屋貴子氏/南郷市兵氏/細川星児氏/山口里美氏
モデレーター:大久保和孝氏
パネリスト・モデレータープロフィール2

※主催者の許可のないの写真撮影,録音・録画,SNS配信は固くお断りします。

資料 復興リーダー会議シンポジウムポスター (FLeaders0723.pdf)
お問い合わせ先 G-SEC復興リーダー会議事務局 nxl-office[at]gsec.keio.ac.jp

大盛況のうちに講演を終えることができました。
ご参加いただきました皆様には深く御礼申し上げます。



イベント/講座一覧に戻る