G-SEC
HOME
所長メッセージ
G-SECについて
研究課題
研究所スタッフ
イベント/講座
ニューズレター
ワーキングペーパー
ニュース & トピック
東館利用ガイド



イベント/講座
 
イベント/講座

松下善輔氏記念シンポジウム「アジアにおける安全保障貿易とグローバル・ヘルス上の課題」

開催日時 2016年10月15日(土)13:30〜17:00(13:00開場予定)
場所 慶應義塾大学 三田キャンパス 東館6階 G-SEC Lab
定員 120
概要

テーマ:「アジアにおける安全保障貿易とグローバル・ヘルス上の課題」


近年、武器や軍事転用可能な貨物・技術が、敵意ある組織や国家に拡散することを防ぐための安全保障貿易管理の重要性が高まっている。本シンポジウムでは、その基本概念を学び、日中貿易における我が国の課題を理解する。加えて、対象をグローバル・ヘルスに広げ、医薬品及びワクチンのアジア展開、病原体の取扱い、および関連する国際的な規制の枠組みの現状と課題を明確にし、グローバル・ヘルス・セキュリティの向上に資する安全保障貿易管理の在り方を検討する。

対象:どなたでも可
定員:120名程度

下記受付期間中に、事前のお申し込みをお願いいたします。
定員に達した時点で、お申し込みを締め切らせていただきます。
<受付期間>2016年9月2日(金)〜2016年10月14日(金)正午

プログラム:

 開会の挨拶 松下善輔   13:30〜13:45
 
 パネルディスカッション  13:45〜16:50

(1)現在の日中貿易の問題点(仮題) 
    清川佑二(日中経済協会)

(2)安全保障貿易概論(仮題
    森本正崇(安全保障貿易情報センター)

(3)中国の安全保障貿易管理とそれ対する日本の企業の対応(仮題)
    新留二郎(安全保障貿易情報センター)

(4)保障の対象の安全としてのグローバルヘルスと中国の役割
    宮田善之(慶應義塾大学 G-SEC客員研究員)

(5)ワクチンのアジア展開
    横手公幸(化学及血清療法研究所)

(6)現場からの病原体の取り扱いについての問題提起(仮題)
    安田二朗(長崎大学)

(7)質疑応答


 閉会の挨拶 青木節子(慶應義塾大学 G-SEC副所長・法務研究科教授) 

                                       16:50〜17:00

 進行       天野修司(日本医療科学大学/G-SEC客員研究員)

資料 シンポジウム ポスター (20161015_symposium.pdf)
お問い合わせ先 シンポジウム事務局までお願いいたします。
gsecntds[at]gmail.com

※メールや電話による個別のお申し込みはご遠慮頂きますよう、お願いいたします。
※お申し込み後、ご都合が悪くなりご欠席される場合は、ご一報をお願いいたします。

大盛況のうちに講演を終えることができました。
ご参加いただきました皆様には深く御礼申し上げます。



イベント/講座一覧に戻る