G-SEC
HOME
所長メッセージ
G-SECについて
研究課題
研究所スタッフ
イベント/講座
ニューズレター
ワーキングペーパー
ニュース & トピック
東館利用ガイド



イベント/講座
 
イベント/講座

「復興リーダー会議」(第3期)シンポジウム

開催日時 2014年12月20日(土) 10:00〜12:00(9:30開場予定)
場所 慶應義塾大学 三田キャンパス東館6階 G-SEC Lab
定員 100
概要

【復興リーダー会議】
東日本大震災は甚大な被害をもたらしましたが、非常時の中で見せた日本人の秩序ある行動や互助の精神は世界の注目を浴び、経済的価値観から、日本から離れつつあった世界の関心を、再び日本に引き戻したとも言われています。 我々は、復旧、復興を支援するために、想像を絶する現場に身を投じたリーダー達に注目し、多大な犠牲を強いた震災から得られる教訓を無駄にせず、未来につなげる事を念頭に本活動を行ってまいりました。

委員長     細田衛士(経済学部教授)
副委員長   田村次朗(法学部教授、G-SEC副所長)
アドバイザー 鈴木 寛(政策・メディア研究科教授・元文部科学副大臣)

【第3期の活動】
震災から3年が経過し、「形式知」化されてきた震災・復旧・復興・地域振興等に関する知見や経験に基づき、震災復興に留まらず、平時に応用可能な汎用性のあるシステム作り、提言発信を行い、広く社会と共有していくことを目指して活動してきました。

【開催概要】
主 催 慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所(G-SEC)
日 時 2014年 12月 20日(土) 10:00 〜 12:00( 開場 9:30)
会 場 慶應義塾大学 三田キャンパス東館6階 G-SEC Lab

プログラム ・開会挨拶
        ・提言・アクションプラン発表
          「創造的復興にむけた被災地U・Iターン者との協働」
          「被災地における商業コミュニティ再生へのアプローチ」
          「より一層の人材活用の推進策に関する提言
           ‐復興支援員の“かがやく”キャリア形成を考える‐」
          「補助金活用に向けた事業者-支援者マッチングサイト
         『みん補助』」
         ・ゲストからのコメント
           ガンツ博士のコメントは英語です。
           同時通訳はつきませんが、概要を和訳します。
         ・閉会の辞

ゲスト マーシャル・ガンツ博士(Dr. Marshall Ganz)
                 ハーバド大学ケネディ公共政策大学院上級講師(公共政策)
                 リベラルアーツ学部講師(社会学)

お申し込み 事前に下記よりお申込ください(定員100名)

お問い合わせ先 慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所(G-SEC)
〒108-8345 東京都港区三田2-15-45 
E-mail:gsec[at]info.keio.ac.jp

多くの皆様にご参加いただき、ありがとうございました。



イベント/講座一覧に戻る