G-SEC
HOME
所長メッセージ
G-SECについて
研究課題
研究所スタッフ
イベント/講座
ニューズレター
ワーキングペーパー
ニュース & トピック
東館利用ガイド



イベント/講座
 
イベント/講座

【講師急病のため中止】アメリカ研究プロジェクト特別講演

開催日時 2014年12月16日(火)、2015年1月13日(火)
場所 慶應義塾大学三田キャンパス西校舎515教室
定員 80
概要

特別講演  屮瓮襯凜ルと平和への意志」 ※開催終了※

【講 師】牧野 有通(明治大学元教授・日本メルヴィル学会会長) 
【司 会】巽  孝之(慶應義塾大学文学部教授) 
【日 時】2014年12月16日(火)14:45〜16:15
【会 場】慶應義塾大学三田キャンパス西校舎515教室 

【申 込】不要(直接会場へお越し下さい。) 

【主 催】科学研究費・基盤研究(B)「マニフェスト・デスティニーの情動的効果と21世紀惑星的想像力」 
【後 援】グローバルセキュリティ研究所アメリカ研究プロジェクト 

【概 要】日本におけるメルヴィル評価の先導者阿部知二は、単に『白鯨』の本邦初訳者であるだけでなく、彼自身の小説『裂氷』の中で、戦争をもたらす盲目的動因を「モビー・ディック」に喩えているが、現代においてメルヴィルを高く評価する作家大江健三郎も、いくつかの評論集の中で、冷戦期の戦争をもたらす動因を、「モビー・ディック」のごとき核兵器への脅威と関わらせている。このことは、直ちにメルヴィル文学の本質とも関わってくるように思われる。メルヴィルは人間の「不合理にして暴虐的」な側面を直視するがゆえに、文学に反戦・平和の強力な立脚点を求めているからである。この論点をさらに追求すれば、現在表層的に語られることの多い「文学の非有効性」を打破することが可能となる。その意味でもまさしくメルヴィル文学は、現代の人間救済への道を示唆していると言えるのである。



【講師急病のため、中止】(4月以降に開催を予定しております)
特別講演◆ 屮瓮襯凜ルのオリエンタリズム −『白鯨』の描く異教の世界」  

【講 師】斎木 郁乃(東京学芸大学准教授) 
【司 会】巽  孝之(慶應義塾大学文学部教授) 
【日 時】2015年1月13日(火)14:45〜16:15
【会 場】慶應義塾大学三田キャンパス西校舎515教室 

【申 込】不要(直接会場へお越し下さい。) 

【主 催】科学研究費・基盤研究(B)「マニフェスト・デスティニーの情動的効果と21世紀惑星的想像力」 
【後 援】グローバルセキュリティ研究所アメリカ研究プロジェクト 

【概 要】メルヴィルが晩年の詩の中でノスタルジックに南太平洋を称して「異教の海に浮かぶ真のエデン」と述べたように、『白鯨』においてもキリスト教的な世界観とそれを拡張しつつ批判する異教的な世界観が融合している。19世紀のアメリカでは、聖地巡礼のブームを通して、アジアとそこで暮らす人々が聖書を具現化する存在と見なされ、同時にマニ教やゾロアスター教などのアジアの異教にも関心が高まったと考えられ、『白鯨』もその歴史的流れを色濃く反映している。本論では、主にエイハブとフェダラー、イシュメイルとクィークェグの間をつなぐアジア的かつ異教的なものに焦点を当てながら、メルヴィルのオリエンタリズムについて一考察を加える。

資料 (20141216&20150113.pdf)
お問い合わせ先 グローバルセキュリティ研究所事務局までメールにてお問い合わせください。
メールアドレス:gsec(at)info.keio.ac.jp
※(at)を@に変更の上、送信してください。

イベント/講座一覧に戻る