G-SEC
HOME
所長メッセージ
G-SECについて
研究課題
研究所スタッフ
イベント/講座
ニューズレター
ワーキングペーパー
ニュース & トピック
東館利用ガイド



イベント/講座
 
イベント/講座

【塾内限定受付】
慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート(KGRI)
「アーミテージ・プログラム:堅固な日米関係のための新しい基盤構築」シンポジウム

開催日時 2017年5月26日(金)15:00〜17:45(14:40受付開始)
場所 三田キャンパス 演説館
定員 70
概要

米国のトランプ新政権は世界各国に波紋を広げており,東アジアでも例外ではありません。政権成立前には日米関係の緊張も予想されていましたが,今のところは日本の安倍政権とも良好な関係の構築に成功しています。しかし,今後の東アジア情勢の展開次第では,難しい決断を両国政府が迫られる可能性も残っています。
米国新政権の下で日米関係がどうなるのか,リチャード・アーミテージ元米国国務副長官をお招きするとともに,パネル討論を行います。

対 象:義塾研究者・大学院生・学部生 

言 語:日本語・英語(同時通訳あり)

申 込:本サイトは,塾内限定の申込を受け付けるものです。

テーマ:"Japan –U.S Relationship under the New American Administration"

     「米国新政権下の日米関係」

◆プログラム

開会挨拶 駒村圭吾(常任理事,KGRI所長)

記念講演  リチャード・アーミテージ

    ----- 休憩 -----   

パネルディスカッション

  パネリスト   リチャード・アーミテージ

           添谷芳秀(法学部教授)  

           秋田浩之(日本経済新聞社本社コメンテーター)     

  モデレーター  細谷雄一(法学部教授)   

全体進行 土屋大洋(大学院政策・メディア研究科教授)
 

資料 a-proチラシ (a-pro flyer_web.pdf)
お問い合わせ先 慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート(KGRI)
アーミテージ・プログラム
a-pro[at]gsec.keio.ac.jp

お申し込み

氏名 ※必須
フリガナ ※必須
所属
部署・学部/役職名・学年 ※必須
郵便番号 -
※日本語は半角英数字のみ入力 例:999-9999
住所
TEL
例: 03-9999-9999
Fax
例: 03-9999-9999
E-mailアドレス ※必須
E-mailアドレス(確認) ※必須
【質問1】本シンポジウムをどのようにしてお知りになりましたか?(複数回答可) ※必須
KGRIからの案内メール
教員からの情報
学生間の情報
その他
【質問1】でその他を選択された方は、以下の欄にご記入ください。
【質問2】本シンポジウムに参加しようと思ったきっかけをお聞かせください。(複数回答可) ※必須
講演者に興味・関心があった
講演内容・講演タイトルに興味・関心があった
KGRIが開催するシンポジウムだから
その他
【質問2】でその他を選択された方は、以下の欄にご記入ください。
【質問3】本シンポジウムに参加された目的をお聞かせください。(複数回答可) ※必須
個人的に教養を広げたい,深めたい
研究の一環として参考にしたい
その他
【質問3】でその他を選択された方は、以下の欄にご記入ください。
年齢について、お聞かせください。 ※必須
20歳未満   20〜25歳   26〜30歳   31〜40歳   41〜50歳   51〜60歳   61〜70歳   70歳以上  
<個人情報の取り扱いについて>
ご登録いただいたメールアドレスなど個人情報は、慶應義塾の個人情報保護基本方針に基づき、適正な利用と保護および安全策を講じてまいります。

◎個人情報の利用目的
取得した個人情報は、今後G-SECのイベント等に関する情報発信に活用させていただくことがあります。

◎個人情報の取り扱いの委託について
上記の業務の一部は、G-SECより当該業務の委託を受けた業者(以下、「受託業者」といいます。)において行います。業務委託にあたり、受託業者に対して個人情報の全部または一部を提供いたします。慶應義塾は、個人情報の安全管理体制が整備された業務委託先を選定し、かつ適切に監督いたします。

*上記の個人情報に関する事項について、ご同意いただける場合は、「確認」ボタンを押し、登録内容を確認後、申し込み登録を行ってください。
ご同意いただけない場合は、「戻る」ボタンを押してください。登録されずにイベント/講座一覧ページに戻ります。